相続税とは?

相続税とは?

相続税と言えば、何らかの資産を持つ人が亡くなった場合に、その相続人が資産を受け継ぐ際に国に対して支払う義務がある税金の一つです。本来の相続人以外でも、遺言や贈与契約などによって資産を受け継ぐことになった場合も、相続税の課税対象となるので注意しておきましょう

この税金を支払う場合に覚えておきたいのが、基礎控除というものの存在です。これは、受け継いだ財産がある程度の基準以下だった場合には税金を納めなくて良いという特例です。基礎控除は、3000万円に600万円を法定相続人の数分加算した金額までとなります。

例えば、相続財産が4000万円あった場合、法定相続人が3人いれば4800万円までは基礎控除の範囲以内となるため、支払わなくて良いことになるのです。

具体的な税金額は、遺された財産の額によって大きく異なるため、税理士などの専門家に依頼してしっかり計算しておいたほうが良いでしょう。

実際に相続税を申告する場合の手続きは複雑なことも多く、素人が自分一人でやろうとしてもミスが多くなったり時間が非常にかかり、何かと面倒なことが多いので注意しておきましょう。具体的には、相続が発生すると10ヶ月以内に必要書類を揃えて申告を行い、税金額がはっきりすれば納税まで終わらせなければなりません。

相続人や受け継いだ資産が多かった場合などは、金額の算出や手続きに時間がかなりかかることもあるので、相続が発生したらすぐにでも手続きに移る準備をしておきましょう。

必要な手続きは?

相続税を納める場合の手続きには、複数の必要書類が存在します。税金額の軽減特例などを受ける場合には特別な書類が必要になるので、提出漏れが無いように事前にしっかり確認しておくようにしましょう。相続する財産の種類などによっても必要書類は非常に多岐にわたり、例えば土地や建物の相続であれば登記簿謄本や固定資産税評価証明書、測量図なども必要になります。

生命保険であれば保険金支払い通知書や保険証券のコピーなど、関係する様々な書類の提出を求められることがあるので安易に捨ててしまったりしないようにしましょう。さらに亡くなった人と相続人の関係が分かる戸籍謄本や、確実に亡くなったことを証明する死亡診断書など、実に様々な書類が必要なので素人には難しいことも多いです。自分一人で済ませようとせず、できれば弁護士や税理士などのプロと一緒に手続きを進めていった方が、時間や手間を節約することができます。

相続時精算課税制度とは

相続人とは

親や親戚などが亡くなってしまった場合、その人が一定の資産を持っていれば相続人などに資産を受け継がせることになりますこれを相続と言い、法律で定められた相続人以外にも遺言などをきちんと行っていれば第三者に相続させることもできます。財産を受け継いだ場合、その相続人は相続が発生した日から10ヵ月以内に相続に関する手続きを行い、決められた税金を納めなければなりません。これは広く知られていることですが、贈与によって資産などを受け取っていた場合には翌年の3月15日までに贈与税の申告を行う必要があることは知っているでしょうか。例えば、祖父母から孫へ生前に財産を贈与していた場合、それを受け取った孫はきちんと税金を納めなければならないのです。相続で受け取ったわけではなくても、財産を受け取った場合には税金を支払う義務が発生するので注意が必要です。

課税対象となるのは?

60歳以上の両親や祖父母などから、20歳以上の子供や孫へ一定の財産を渡してあげた場合、それは生前贈与に当たるため贈与税の課税対象となります。この場合に利用できるのが相続時精算課税制度という特例措置で、財産を受け取った子供や孫の意志によって利用するか否かを決めることができます。贈与された時にまず軽減された贈与税を納め、その後その財産をくれた人が亡くなった場合に他の財産を相続すれば、相続税の支払い時に既に支払っていた贈与税を差し引くことができるのです。簡単に言えば、将来的に相続が発生した場合に税金を精算するということになるのです。
相続時精算課税制度には2,500万円の控除が設けられており、同じ相手から贈与された財産はこの上限に達するまではなんかいでも控除することが可能です。つまり2,500万円までであれば財産を贈与されても税金がかからないことになり、これを超えた場合には超過部分に関して一律20%で贈与税が課されることになります。そして、その時支払った贈与税は相続発生時に相続税から差し引き、税金額の方が少なければ還付を受けることもできます。この制度を利用するか否かは自由に決められますが、一度選択したら変更はできないので注意しておきましょう。

困ったら専門家に

このように、相続時精算課税制度は将来的な相続税の額を抑えることに役立ちますが、利用にあたっては複雑で難しい面もあります。不明な点や相続時に困ることがあれば、税理士などの専門家に相談して手続きなどを代行してもらうようにしましょう

税理士が教える相続税の基礎知識:遺産分割方法

遺産はどうなるの?

人が亡くなった時に残された財産(遺産)がある場合、法定相続人間でそれを分割する手続きをとることになります。もし遺言状が残されていれば、原則的にはそれに従った遺産分割方法となります。遺言状がない場合には相続人同士の話し合いとなりますが、うまくまとまらない場合には民法で決められた割合に従った遺産分割方法となります。相続手続きをする際には必ず相続税が関与してきます。相続税はその他の税金と取り扱いが違っているため、なるべく損をしないような適切な方法をとるためには税理士に相談するのも有益な一つの手段です

遺言書のある場合は?

遺言書がある場合でも相続人全員の合意が得られれば、相続人間での話し合いで遺産の分割方法の変更も可能です。また、遺言書が無く、話し合いが難航した場合には、家庭裁判所に遺産分割手続きを申し立てることになります。遺産分割協議ではまず、相続人は誰なのかということ、財産の内容・評価額の把握等の確認をします。この遺産分割協議では、相続人全員が参加することが必須となります。相続財産の把握では、具体的には現金・貯金の他に、持ち家、車、宝石、絵画等の物的財産、不動産、有価証券などのプラスな遺産のみならず、借金といった負の財産も含めて確認します。相続税の計算は、正の遺産-負の財産=正味財産に課税されることとなります。次にそれら財産の評価となりますが、相続開始時の時価が原則とされ進められます。特に時価が不安定な不動産に関しては税理士を通して専門家に依頼することが必要となる場合も多いです。その際も、土地評価では国税庁が毎年更新する路線図(路線価は公示地価のおおよそ8割の価格)、家屋評価では市町村自治体が毎年更新する固定資産税評価額を自分でも知っておくことが大切です。

トラブルを避けるために

これらの相続財産把握が完了したのちに、分割内容の合意を相続人全員から得ることになります。その際は、必ずしも全員が一堂に集まる必要はなく、代表者が相続人間を個々に回って承諾を得たり、作成した証書に署名・印をもらうという方法で合意を得ることも出来ます。分割の合意を相続人から得られたら、遺産分割協議書の作成に入ります。遺産分割協議書は、あとで起きる可能性のあるトラブルを避けるため、不動産や銀行口座名義変更に必要、相続税申告書添付として必要、相続人全員の合意を明確にする、といった効果があります。相続税は基礎控除額が比較的大きいですが、相続発生から申告・納税までは10ヵ月間という期限が設けられていますので、もし課税対象があるは短期間で多くの手続きを進める必要があります

税理士が教える相続税の基礎知識:遺言信託とは

相続税とは

資産を持つ人が亡くなった場合には相続税が発生することが知られていますが、その中で様々な専門用語や手続きのことを耳にすることがあります。中でも分かりにくいことで有名なのが、遺言信託でしょう。遺言信託とは、遺言を作成する際に信託銀行を執行者として指定しておくことで、相続が発生した際には信託銀行が遺言の内容通りに財産を相続人などに対して分割するサービスのことを指しています。法律用語として考えるなら、遺言の作成において遺言を残す人が信頼をおける人に対して、あらかじめ定めた目的に従って財産を管理分割することを設定した信託のことを言います。最近は民事信託や家族信託といったものもよく利用されるようになってきましたが、遺言で信託を設定する場合は法律用語として全てが遺言信託となります。ただ、現在では信託銀行がこの内容を商品名として採用しサービスが一般化してしまったため、信託銀行が行っているものというイメージが強くなっています。
信託銀行に対して費用はかかってしまいますが、子供がいなかったりどうしても遺言の内容を守ってもらいたい場合には、安心して任せることができるのでメリットが大きいと言えます。また、専門家のアドバイスやサポートを受けながら遺言を作成することができるだけでなく、相続が発生するまで遺言を保管していてもらえるなど、様々なメリットを得ることもできます。

紛争のあるケースでは

ただ、相続人が複数いて互いに財産の分割などについて紛争が起きている場合には、弁護士に依頼して紛争を解決する必要があるため注意が必要です。また、信託銀行に依頼している場合には、相続税の手続きや具体的な金額の算出などに関わる点については専門家である税理士に依頼する必要があります。信託銀行はあくまでも遺言執行者として遺言を管理しているだけであり、相続税についての細かな手続きについては管轄外となります。相続発生まで遺言の保管を依頼している場合には、保管する期間に応じて毎年所定の保管料がかかってしまうことも忘れないようにしましょう。

専門家に遺言執行を

遺言信託は本来は法律用語であるため、信託銀行でしか対応してくれないという訳ではありません。弁護士や税理士など、法律や税務の専門家でも遺言執行を行ってくれるケースは多いので、自分の都合や報酬額などもよく考えて決めるようにしましょう。いずれにしても、確実に遺言を守ってもらいたい場合は遺言信託を行っておいた方が安心できます。

相続税に強い税理士

相続税とは

税金の問題にはいろいろな種類がありますけど、特に対応が難しいものとして相続税があります。
この税金は短期間で支払いをしなければいけないため、すぐに対処をする必要がありますが実際は難しいです。
遺産の問題は親族間で揉めやすいため、どのような形にするのかを短期間で決めづらい所があります。
そのため税金をどうするかを決めるまでに時間がかかりやすいので、この税金の対処を普通にすると上手く行かないことが多いです。
そういう所があるのでこの税金に対しては専門家に相談をしたほうがよく、その時によく使われるのが税理士です。
この専門家は税金について詳しいので、遺産の問題に対しても適切な対応をしてくれます
ただどの業者を利用しても問題の解決ができるわけではないため、利用する所を適切に選ぶことが重要になります。
相続の問題を相談しやすい税理士には特徴があり、それは相続税について経験が豊富なことです。
実はこの税金はあまり手続きをすることが多くないものなので、一般的な業者だとほとんど経験のないところもあります。
そういう所に仕事を頼むと十分な結果を得られませんから、仕事を依頼する時は実績のある所を選ぶことが大事です。
また遺産に関する税金の問題は毎年のように内容が変わるので、そういう変化に対応ができるかどうかも重要です。

遺産問題

遺産の問題については専門知識を得るために学んでおかないと、税理士でも分かりづらくなるほど複雑な所があります。
そのため日頃から遺産の問題についてよく調べている所を選んだほうがよく、そういう業者を利用すればトラブルを減らすことができます
それ以外のポイントとしてあるのは不動産に関する知識を持っているかで、そういう知識がある業者を利用するとうまくいきます。
遺産の問題で一番大きなものは不動産に関することですから、不動産の税金対策に知識がある所を選ぶことが大事です。
更にこのような業者を利用する時は費用を支払いますが、その費用が適正であることも調べたほうがいいです。
税理士に仕事を頼む時の費用が適正かどうかは、ネットなどを使って他の業者の費用を調べればすぐにわかります
このような費用は安いほうが良いと考えてしまいますが、実際は安すぎる場合も怪しいことは多いです。
そのため適正な料金を設定している所を選んだほうがよいため、そういうことに対しても対応が必要です。
相続税を税理士に依頼する時は実績があり、遺産についての深い知識がある所を利用すれば成功しやすいです