相続税とは?

相続税と言えば、何らかの資産を持つ人が亡くなった場合に、その相続人が資産を受け継ぐ際に国に対して支払う義務がある税金の一つです。本来の相続人以外でも、遺言や贈与契約などによって資産を受け継ぐことになった場合も、相続税の課税対象となるので注意しておきましょう。
この税金を支払う場合に覚えておきたいのが、基礎控除というものの存在です。これは、受け継いだ財産がある程度の基準以下だった場合には税金を納めなくて良いという特例です。基礎控除は、3000万円に600万円を法定相続人の数分加算した金額までとなります。例えば、相続財産が4000万円あった場合、法定相続人が3人いれば4800万円までは基礎控除の範囲以内となるため、支払わなくて良いことになるのです。具体的な税金額は、遺された財産の額によって大きく異なるため、税理士などの専門家に依頼してしっかり計算しておいたほうが良いでしょう。
実際に相続税を申告する場合の手続きは複雑なことも多く、素人が自分一人でやろうとしてもミスが多くなったり時間が非常にかかり、何かと面倒なことが多いので注意しておきましょう。具体的には、相続が発生すると10ヶ月以内に必要書類を揃えて申告を行い、税金額がはっきりすれば納税まで終わらせなければなりません。相続人や受け継いだ資産が多かった場合などは、金額の算出や手続きに時間がかなりかかることもあるので、相続が発生したらすぐにでも手続きに移る準備をしておきましょう。
相続税を納める場合の手続きには、複数の必要書類が存在します。税金額の軽減特例などを受ける場合には特別な書類が必要になるので、提出漏れが無いように事前にしっかり確認しておくようにしましょう。相続する財産の種類などによっても必要書類は非常に多岐にわたり、例えば土地や建物の相続であれば登記簿謄本や固定資産税評価証明書、測量図なども必要になります。生命保険であれば保険金支払い通知書や保険証券のコピーなど、関係する様々な書類の提出を求められることがあるので安易に捨ててしまったりしないようにしましょう。さらに亡くなった人と相続人の関係が分かる戸籍謄本や、確実に亡くなったことを証明する死亡診断書など、実に様々な書類が必要なので素人には難しいことも多いです。自分一人で済ませようとせず、できれば弁護士や税理士などのプロと一緒に手続きを進めていった方が、時間や手間を節約することができます。